短鎖脂肪酸サプリランキング!

短鎖脂肪酸は今テレビでも話題のダイエット成分。

その働きから「天然のやせ薬」ともいわれ、短鎖脂肪酸が豊富に作られると効率よく痩せることができると言われています。

短鎖脂肪酸は腸の中で水溶性食物繊維オリゴ糖乳酸菌・ビフィズス菌(腸内細菌)によって発酵されて生み出されます。

腸内で短鎖脂肪酸を増やすためには食物繊維やオリゴ糖をたくさん含む食べ物を摂り、さらにそれらを発酵させる腸内細菌(乳酸菌やビフィズス菌)の両方を摂ることがポイントです。

短鎖脂肪酸をサプリメントで摂るべき理由


腸内の短鎖脂肪酸量が多くなれば太りにくい体質になれるわけですが、効率よく短鎖脂肪酸を増やす方法としておススメできるのがサプリメントです。

上記で説明した通り、短鎖脂肪酸を増やすためには食物繊維や善玉菌を毎日継続的に摂る必要があります。

ヨーグルトや発酵食品で善玉菌を摂る事も理想的ですが、食品で善玉菌をとっても胃酸でほとんどが死滅してしまい腸内に届くのはほんのわずかな量です。

また、毎日野菜を食べたり、食事内容を考えるのも大変です。

自力で腸内の短鎖脂肪酸を増やすのは非効率とも言えるんです。

なので、腸内に善玉菌が直接届くように工夫されていたり、スーパーで食材を購入して料理をするよりも安い値段で済む短鎖脂肪酸サプリメントをおススメしています。

短鎖脂肪酸サプリランキングTOP3


短鎖脂肪酸サプリメントは今何種類か販売されています。

その中でも人気がある短鎖脂肪酸サプリメントをご紹介します。

エルフィング

エルフィングの特徴

  • 善玉菌とオリゴ糖を一緒に摂取できる
  • スーパーフード配合
  • 初回980円
  • 継続縛りなし
エルフィングの総評

エルフィングは「食べられる乳酸菌」で話題になったヤセ菌を増やしてダイエットができるサプリメントです。ビフィズス菌536株とフラクトオリゴ糖が一緒に摂れるので効率よく短鎖脂肪酸を腸内で増やすことができます。またそのビタミン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含み他美容成分に嬉しいスーパーフードも配合。体内環境のバランスを整え健康的なダイエットをサポートします。

▼公式サイトはこちら▼

プレミアムスリムビオ

プレミアムスリムビオの特徴

  • 初回980円
  • 腸まで届く食物繊維と善玉菌のダブル配合
  • ヨーグルト100個分のEC-12菌配合
  • お腹の調子を整える食物繊維配合
  • ヨーグルト味で1日3粒で腸内フローラをサポート
  • 購入から120日以内なら開封しても返金可能
プレミアムスリムビオの総評

プレミアムスリムビオには短鎖脂肪酸を作り出す水溶性食物繊維とオリゴ糖、そしてこれらを発酵させる乳酸菌とビフィズス菌がすべて配合されています。初回は980円と安く購入できお財布の負担が軽くなるのも嬉しいです。雑誌にも取り上げられているプレミアムスリムビオはヨーグルト味で美味しくダイエットを成功させたい女性に人気があります。

▼公式サイトはこちら▼
4897

短鎖脂肪酸のダイエット効果とは?

脂肪細胞の取り込みを阻害

通常、食べ物から得られた余剰エネルギーは脂肪細胞に溜め込まれ、脂肪細胞が大きくなることで肥満につながります。

短鎖脂肪酸はこの脂肪細胞がエネルギーを取り込もうとするのを邪魔して、脂肪細胞が大きくなるのを防いでくれます。

代謝アップ

短鎖脂肪酸が血液を巡ると交感神経が活発になり、心拍数・体温が上昇して代謝がアップし、エネルギーが消費されやすくなる

満腹感が得られる

腸の細胞から満腹感を感じさせる特殊なホルモンを出させ、たくさん食べ過ぎてしまうのを防ぐ

食欲をセーブ<h/3>
脳に直接働きかけて、食欲をセーブしてくれる

便秘を解消

短鎖脂肪酸は大腸の蠕動運動を促す働きがあり、便秘解消に役立ってくれます

短鎖脂肪酸を増やす食べ物・減らす食べ物

短鎖脂肪酸の材料になるのは「水溶性食物繊維」。名前の通り、水に溶けやすい食物繊維の事です。

そして水溶性食物繊維がたくさん含まれているのは、何と言っても発酵食品。

梅干しや納豆、漬物、キムチ、それに酢を使った食べ物も、水溶性食物繊維をたっぷり含んでいます。他にも、大豆やキノコ類、納豆、リンゴや熟したバナナなどの果物は水溶性食物繊維の宝庫です。

そしてオリゴ糖をたくさん含むのは、タマネギ、アスパラ、蜂蜜、そして味噌や醤油などです。

逆に、短鎖脂肪酸を減らす食べ物は動物性タンパク。特に消化の悪いお肉が、悪玉菌を大喜びさせてしまいます。白砂糖をたっぷり使った甘いお菓子や、忙しい時つい頼ってしまいがちなコンビニのお弁当、インスタント食品やファストフードも、悪玉菌の栄養源になりがちです。

短鎖脂肪酸を生み出すのは善玉菌ですが、悪玉菌が増えると善玉菌の働きが鈍ってしまいます。悪玉菌を増やしてしまう食べ物を摂りすぎると、結果として短鎖脂肪酸を減らしてしまう事になるので食べるものには気を配るようにしましょう。

太っている人と痩せている人の腸内環境の違い


私たちの腸には驚くべきことに1,000種類以上,600~1,000兆個,重さにして1~1.5kgもの細菌が住んでいます。

太った人とやせた人の腸内細菌を調べると,太っている人にはファーミキューテスという細菌,やせている人にはバクテロイデスという菌が多く存在していることがわかりました。

ヤセ菌は腸内で酢酸などの短鎖脂肪酸を作り出します。

短鎖脂肪酸は脂肪細胞への脂肪の取り込みを防ぐ働きがあり肥満を防ぎます。

また交感神経の働きを活発にしてエネルギー消費量を増やして体脂肪を燃焼させる効果を持っています。

つまり、痩せ菌を多く持っている方は体質的に太りにくい体質であることがわかります。

デブ菌は脂肪の多い食事や間食の多い食生活で増え,ヤセ菌は食物繊維,ヨーグルト,発酵食品,オリゴ糖などを摂り,良い腸内環境を作ることで増やすことができます。

デブ菌・痩せ菌とは

テレビで聞くことも増えたデブ菌・痩せ菌。

とてもわかりやすい表現ではありますが、具体的にはどんな菌かご存じですか?

腸の中には3000種類もの腸内細菌がいて、その数は1000兆個にも及びます。

このたくさんいる腸内細菌の中に、体を太りやすくするデブ菌と、総そうじゃない痩せ菌が住んでいます。

健康で理想的な体型の人はデブ菌と痩せ菌の比率が6:4です。この比率が崩れてデブ菌が増えると、どんどん不要なものを溜め込んで、太りやすい体になってしまいます。

通常、食べた物は8割が小腸で消化吸収されて残り2割が大腸へと送られてきます。この2割は不要な老廃物ですから、痩せ菌はスルーして便としてそのまま排出されていきます。
ところが、デブ菌は体に不要なものを溜め込む働きをするので、本来なら排出されるべき老廃物が脂肪として体に付いてしまって太りやすくなってしまうんです。

ダイエットしたい人からすると本当に厄介な存在ですよね。このデブ菌がいると食事制限や運動を頑張ってもなかなか結果がでず、途中でドロップアプトしてしまう原因にもなってしまいます。

デブ菌を減らして痩せ菌を増やすには、食事が鍵になります。痩せ菌が増えるには発酵食品や野菜、海藻などがおススメです。逆にデブ菌が増える食事内容は揚げ物やお菓子、加工食品です。

料理をする手間が面倒だったり疲れていると簡単な食べ物、お惣菜などに頼りがちですが、体の健康や真から痩せやすい体質に改善するためにはやはり普段口にするものを変える必要があります。

お腹がすいたらお菓子ではなく、お漬物。納豆にキムチを合わせてw発酵でお通じ良好な状態にすると、それだけでスルスルと痩せやすくなるので運動ができない、食事量を減らすのが苦手という方は食事内容を見直してみましょう。